自分に最適な家 | 自分に合った住まいを探すなら【注文住宅建築は工務店に相談】

自分に合った住まいを探すなら【注文住宅建築は工務店に相談】

住宅模型

自分に最適な家

女の人

購入前に考慮しておく

「京都で新築」と一言で言っても、様々な条件がある。まず、市内なのか市外またはその境界付近なのかということでも大きな違いがある。京都市内で新築を探すのは意外と難しい。すでに住宅街が形成されているためである。京都市内は公共交通機関のアクセスなど便利な点が多いが、碁盤の目の街並みで自分の思い描く大きさや形の土地を探すのは困難である。さらには建蔽率や容積率などの条件も厳しい。新築を探すのであれば、市内から少し離れることも選択肢の中に入れて検討するのがよい。たとえば、向日市などは今でも新築の分譲地が少なくない。子どもの人口も特別多いわけではないが、下降線をたどってはいない。新興の分譲住宅地ができており、そこに人が集まるというよいサイクルができている。戸建てだけでなく、マンションの新築も注目どころである。「京都で新築」というと、京都市の中心部である下京区あたりに目が向きがちであるが、そこだけが選択肢ではないことを注意したい。

各ニーズに対応している

先ほども少し触れているが、「京都で新築」と一言で言ってもかなりの幅がある。つまり、多様なニーズに対応することができるということである。交通アクセスを重視したい人にとっては、京都駅周辺のマンションなどがおすすめの物件となる。勤め先や通学先が大阪や滋賀ぐらいであれば毎日通うこともそれほど苦しくはないだろう。費用を抑えたいという人にとっては、伏見区の羽束師がおすすめ。交通に関しては少し不便になるが、土地が安く2000万円台で新築の戸建てを購入することができる。自然に囲まれた環境であれば、嵯峨・嵐山や松尾の周辺。京都を代表する観光地でもあり、建築条件は厳しいが、土地の一区画が大きいので満足できる家に住めるはずである。ほかにも、いわゆる高級住宅街とよばれる岩倉や桂坂などがあるが、この一帯は新築物件はかなり減ってきている。資金があるなら、建て直しやリフォームをするのもいいだろう。